2010年01月06日

配布資料の公開です

MTM04とC77で無料配布していたペーパーを公開しました。
ビスマスについての簡単な説明と、
結晶の作り方の概略を載せています。

MakingBismuthCrystal_1_0_1.pdf
posted by 堀石廉 [holyithylene] at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2009年12月31日

御礼20091231(C77)

東館に昇る満月

本日は多くの方にいらして頂きましたこと御礼申し上げます。
また、冊子完売となりご迷惑をお掛け致しました。

原料の入手方法、冊子の内容の疑問点、やってみた、
冊子のデータよこせ、サイトが酷い、リンクしろなど、
ご質問/ご要望/苦情等できる限りお答えいたしますので、
メールでもコメント欄からでもご連絡下さい。

メールでの連絡先は以下です。
holyithylene「at」cyclicblue.com
※スパム対策のため一部変更してあります。
「at」を@に置換して送信してください。
posted by 堀石廉 [holyithylene] at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント関係

2009年12月24日

C77参加のお知らせ(2)

改めて。コミックマーケット77参加のお知らせです。
3日目(31日)木曜日 西よ06a となります。

いろいろ試行錯誤しましたが、
問題と結論はシンプルでした、というのが今回の趣旨。

ビスマス結晶は前回C75で展示したものに比べて、
かなり大きなサイズを作れるようになってきました。
ということで、ビスマス結晶の作り方についても
現状に合わせて大幅改版予定です。
旧版持ってるひとは「旧版買ったぜ」といってください。
何かが起きるはずです。


この間の日曜1日かけてビスマス結晶の収穫はこのくらい。
左下は比較用の10円硬貨。
一日分
posted by 堀石廉 [holyithylene] at 02:49| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント関係

2009年12月14日

作られてしまいました

ということで、MTM04でお話させていただいた方で、
ビスマス結晶を実際に作ってレポートして下さった方が
連絡くださったのでここで紹介させていただきます。
西尾泰和のはてなダイアリー 2009-11-25
また続報いただけるかも、ということなので非常に楽しみです。

……そして、自分のサイトには
未だに作り方が載っていないという不思議。
posted by 堀石廉 [holyithylene] at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2009年12月13日

写真を撮っていただきました

先日、ビスマスの写真を撮りたいのだが良い結晶はないかと
問い合わせを頂き、応えて結晶をお貸しするということがありまして、
素晴らしい写真を撮っていただけました。
Doubletのちょっとピンボケ 2009-12-10-Thu

……とりあえず自分で撮った写真は当面見れない。
posted by 堀石廉 [holyithylene] at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知

2009年11月29日

よくあった質問への回答(2)

ビスマス結晶[拡大]

ということで第二弾
前回はこちら

・反磁性について
→金属の磁性は、強磁性、常磁性、反磁性に分類されます。
 その中でビスマスは全金属中最強の反磁性体です。
 それでも非常に弱いので、ほとんど判りません。
 詳しくはWikipediaの反磁性の項目等参照ください。

・もっと大きいビスマス結晶は作れないのか
→結晶を作る容器を大きくすれば理論上は可能ですが、
 扱う溶融ビスマスの量も増えて危険なので、
 今のやり方の延長ではやりたくないです。

・原料購入について
→個人を相手にしてくれるところが少ない、価格変動が大きい、
 同じ4Nビスマスでも結晶性が悪いものがある、などが課題。
 結晶性はメーカーが保証していないので文句は言えません。
 (結晶性の悪いものに当たると手間が増えます)

・ビスマスの価格
→今回、直前に購入した時には10kgインゴットが4万円程でした。
 価格が安定しない(2倍くらいの変動はよくある)金属ですし、
 流通経路や純度・購入量によっても価格は違いますので、
 もし業者等から購入される場合には、上記金額を参考にせず、
 都度見積もりを取るようにお願いします。

・次回以降参加するのか
→機会があればぜひ。

では、これにて。
posted by 堀石廉 [holyithylene] at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月25日

よくあった質問への回答(1)

覚えている限り書き出しに挑戦

・毒性は?
→化合物が胃薬や化粧品にも利用されている程で、
 比較的毒性は弱いです。
 これが注目されて鉛の代替として利用される事があります。

・大きな結晶を作るにはどれくらい時間がかかるのか
→結晶するのにかかる時間は数分です。
 加熱する時間を考えても30分くらいです。

・いろいろな色があるが、どういう原理なのか。
→地の色は銀色ですが、
 酸化膜による薄膜干渉によって色がついて見えます。
 このため、酸化膜の厚さによって違う色に見えます。
 以前に書いたこれこれも参照

・このかたちは制御してこうなっているのか
→いいえ。結晶するに任せた結果です。
 過冷却状態からの結晶成長では稜の部分が非常に早く成長し、
 面の部分の成長が追い付かなくなってあのような形になります。

・アクセサリー等に使いたい
→脆くてやわらかいので気を付けて下さい。

・うちでも出来そうだ
→多分出来ると思います。

・この結晶は役に立つのか
→見ていると楽しいです。

・金属関係の仕事をしているのか
→いいえ。下っ端サラリーマンです。


― 続きはまた後ほど。
posted by 堀石廉 [holyithylene] at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

御礼20091123(MTM04)

Make: Tokyo Meeting 04の期間中、
大勢の方に石華工廠のブースを訪れていただきました。
ここにお礼申し上げます。

1日目のブースの様子はこんな感じでした。
照明がオレンジ色で、
ビスマスの色味がいまいち上手く伝わらなかったのが残念。
石華工廠ブース
そして、他の展示を見ている暇がほとんどなかったのが心残り。

問い合わせ、苦情などありましたら、適当なコメント欄か、
次のメールアドレスにお知らせ下さい。
holyithylene「at」cyclicblue.com
(「at」を@に置き換えてください)


※材料用のビスマスを購入された方々へ
くれぐれも火傷にはご注意下さい

次は12月31日のC77への参加となります。
MTMと同じような内容になるとは思いますが、
こちらには材料用のビスマスは持ち込まない予定です。
(もしもコミケ会場で受取りたいという方が居ましたら、連絡下さい)
posted by 堀石廉 [holyithylene] at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント関係

2009年11月22日

MakeTokyoMeeting04参加します(3)

ということで遂に当日となりました。
ブースには友人とおりますが、眼鏡をかけていないほうが堀石です。
なにか詳しい話を聞きたいときは遠慮なく捕まえてください。
※ただし、1日目の出現は午後2時ごろからですのでご了解下さい。

ところで、MTM04の告知に使った人工ビスマス結晶ですが、実はこんなサイズだったりします。
もっと大きな結晶もたくさんあるのですが、大きくなればそれだけ他の結晶や容器の壁とぶつかる可能性が高くなるので、大きくて完全な結晶というのは難しいものです。
ビスマス結晶と比較用の10円硬貨
posted by 堀石廉 [holyithylene] at 03:07| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント関係

2009年11月08日

MakeTokyoMeeting04参加します(2)

人工ビスマス結晶(アクリルケース入り)

ということで、昨日はMTM04の準備でした。
いまのところ当日はこんな感じのものを持ち込む予定
展示
・簡単な解説ペーパー
・ビスマス結晶
・ビスマス棒
 (吊って磁石を近づけると反磁性が判る
  ※ちょっと動くけど予想以上に地味)
販売
・ビスマス結晶各種サイズ
・ビスマス地金(材料用、200g/1200円)
・ビスマス錫合金(融点138℃、200g/2000円)


追記
(1)1日目は堀石は会場到着は2時ごろになりそうです。
それまでの間は友人に一人での対応となってしまいますで、
出来ればそれ以降の時間にお越しくださいますようお願いします。

(2)ビスマス地金について
純度99.99%の地金を融かして200gに小分けして固めたものです。
結晶用に限らず一般材料用にご利用下さい。
作業過程で不純物混入の可能性があるため、申し訳ありませんが純度については保証出来ません。

(3)誤記のお知らせ
最初の申し込み時に誤記をしてしまうという痛恨のミスにより、Web(と多分、パンフレットでも)紹介文でサイト名が"石端工廠"となっています。"石華工廠"の誤りですのでご承知下さい。
posted by 堀石廉 [holyithylene] at 05:08| Comment(4) | TrackBack(0) | イベント関係